交通事故の示談を有利にすすめる方法

示談を有利に

自動車は誰もが頻繁に利用する移動手段です。たとえ自分が乗っていなくとも、すぐ横を通り過ぎることは日常茶飯事でしょう。それだけに交通事故に遭うリスクは万人に等しく訪れます。

被害者になれば怪我を負って生活に大きな影を落とし、加害者は責任を免れません。トラブルに巻き込まれてからでは遅いため事前に対応策を知っておくことが重要です。特に賠償額を大きく左右する示談交渉については正しい対処法を知っておきましょう。

普通は交通事故の当事者同士で、賠償について話し合うことはありません。そもそも重体になるほど深刻な状況であれば会話することさえ困難です。また自動車を運転する以上、ほとんどは保険に加入していますから担当者が間に入って示談を進めることになります。

では保険会社から派遣された人物が信用に足るかというと首を傾げざるを得ません。彼らが目指すのはあくまで自社の利益であり、被害者へ誠意を見せることは業務外と考えています。

加害者である依頼人に対しても同様で不利になることを承知で行動することさえ少なくありません。あまりにも横柄な態度に終止するため賠償を放棄してしまうケースさえあるほどです。そうなれば保険会社のみが得をすることになりますから、感情的に話を進めるべきではないでしょう。

相手は交渉のプロフェッショナルであり素人では敵わない存在といえます。ならば被害者は泣き寝入りする前に、専門家を雇い入れるべきです。日本は法治国家ですから定められた法律に従って全てが決定されます。これは大企業だろうと平凡な市民であろうと同じです。

この法律という共通ルールを利用することが、交渉のベテランに対して対抗し得る唯一の道に他なりません。つまり交通事故に示談交渉へ臨む際には弁護士を雇うことが最善の方策です。

もちろん法律の専門家であれば誰でもいいというわけにはいきません。司法書士では交渉の場に立つこと自体制限されていますし、税理士に相談するのは全くのお門違いです。そして弁護士といっても担当してる分野は多岐にわたります。

一度六法全書を開いて見れば分かりますが、一口に法律といってもバリエーションは極めて多彩です。そのため弁護士としての得意ジャンルと適応しないことには十分な効果は期待できません。法律事務所の公式サイトを開くと、請け負っている業務が記載されています。

まずはそれを確認しておくことが交通事故対策の第一歩です。事前に連絡先を把握しておけば、急な示談交渉の発生時にも迅速に連絡することができます。

専門家に依頼を

弁護士に依頼して話し合ってもらうと保険会社も意外なほどスムーズに受け入れてくれるものです。相手も経験上、法律に逆らって条件を突きつけることの無謀さを知り抜いています。変に話がこじれるよりも早めに事態を収束させたほうが遥かに効率的です。

結果として依頼した恩恵は賠償金の額に表れます。ケースによって多少の違いは現れますが、平均の2倍にまで跳ね上がることもあり効果は抜群です。これならば弁護士へ支払う諸費用を考慮してもかなりの利益に繋がります。さらに交渉時のストレスが軽減することも踏まえれば、頼まない理由はありません。

着手金が気になって中々相談できないという人もいることでしょう。交通事故を担当してる弁護士では初期費用を安く、あるいは無料にしているところも少なくありません。電話やメールによる無料相談なども随時受け付けていますからアドバイスを聞くだけでも有益です。

示談は一度成立してしまうと、経験豊かな弁護士でも覆すことはできません。全ては初動の対応にかかっているため躊躇することは不利益に直結します。交通事故という緊急事態だからこそ、弁護士に託して示談交渉を有利な場にしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする