独立開業を考えている弁護士が失敗しないために

独立開業を成功させるために

弁護士として今は法律事務所に勤めていてもいつかは独立をしたいと考えている人が沢山いますが、独り立ちしても成功するためには様々な案件を熟して色々と経験を積むことが大切です。
弁護士と言うと頭が良く仕事が出来て高収入が安定されている人達と言うイメージがありますが、全ての人がそういう分けではなく収入が良い人はごく限られています。
中には独立開業しても仕事があまりないために経営不振に陥ってしまい最終的には続けられなくなってしまうこともありますが、そのような失敗をしないためにも独り立ちする前に色々と考えることが大切です。
いくら弁護士としての能力が高くても仕事が来なければその力を十分に発揮することは出来ないので、クライアントを如何に多く掴むことが出来るかが成功への大きなポイントとなります。
そのためにも開業する事務所をどこにするか慎重に考える必要がありますが、法律事務所の数が少ない地方で開業する人もけっこういます。
それはそれで上手いやり方ではありますが、地方だと住んでいる人が都市部に比べて圧倒的に少ないので当然依頼をする人も限られてしまいます

クライアントとの関係が重要

ただクライアントと親密な関係が築くことが出来る可能性が高くなるのは利点なので、人と人との関係を重視することによって成功したいのならば地方で開業するのも一つの良い方法であると言えます。
また個人を相手にするのか企業を相手にするのかで仕事の内容も相当変わって来るので、どのようなスタンスで開業するのかも考えることが大切です。
個人を相手にする場合には遺産相続の問題から債権債務に関すること、又は事故の被害者に遭った人が加害者に対して慰謝料を請求する時のアドバイスなど色々な案件を熟す能力が必要となります。
企業を相手にする場合には特許の問題や労働関係の問題などに精通していることが重要で、この場合にも相当な能力を必要とします。
ですからどちらを相手にする場合にも多様な案件を熟す能力が求められるので、独立開業する前に出来るだけ色々な事案を取り扱った方が良いのです
また独立開業する場合には弁護士としての能力の他に経営者としての能力も求められるので、どうしたら経営を安定させることが出来るのかを色々と考えることが重要です。
独り立ちすることによって自分のやりたいことを自由に出来るのはとても良いのですが失敗したら大変なことになるので、そのことを踏まえて成功するためには何をしたら良いのかをしっかりと考えてから独立をした方が良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする