自動車事故に遭ったらどうするか

自動車事故に遭った時は初めてのことなので慌てて何をやったらいいのか分からないという方が多いです。自分は気を付けているから絶対に事故に遭わないと考えている方も実際に数多くの人が事故に遭っています。

そこで自動車事故に遭った時に自分が被害者側だった場合に何をすべきかについてです。

自動車事故に遭った時は初期対応が非常に大事です。初期対応として一番最初に行うのは警察やに連絡をすることです。怪我の具合によっては救急車が必要なので消防にも連絡しましょう。自分が被害者側の場合で怪我が酷くて動けないという時は加害者の人に即座に警察と消防に連絡をしてもらって下さい。また、自分が被害者側でも加害者の方が怪我が酷くて動けないようならば自分が連絡を取りましょう。どちらも動ける状況でない場合は近くに居る人に連絡をしてもらって下さい。警察に連絡をしなければ交通事故証明書を後日取ることが難しくなります。事故の状況次第ではのちに実況見分を行います。どちらも軽症で済んで話せたり動けるようならば警察を呼んだあと、または警察の聴衆が終わってからやるべきことがあります。それは加害者側から情報を色々聞いておくことです。情報というのは名前や住所、自動車のナンバーなど加害者に纏わる情報です。またこの時に必ず保険会社を聞いておいて下さい。保険会社は自賠責と任意の2つがありますがどちらも聞いておきます。加害者に直接賠償金を貰うことは出来ませんので保険会社経由で賠償金は貰います。相手が素直に言うことを聞いてくれない場合はその時の状況を録音や紙にメモをして下さい。後で裁判などになった時の証拠になります。その後は現場の状況をカメラに取っておきます。事故直後の撮影をしておくことで賠償金を求めるときや裁判になった時の証拠になります。

相手が良い人ならば自分から情報を提示したり撮影したりなどしてくれますが、加害者全員が良い人とは限りません。相手側から起こした事故なのに自分は悪くないと言ってくる人も居ます。

自動車事故に遭って即座にやるべきことは以上です。これらをしっかり出来れば後々困ることがありません。逆に言うと上記のことが出来なければ後から困る場合があります。なのでしっかりと出来ることをしておきましょう。

この後の行動としては相手の保険会社に連絡を取り賠償についての話し合いとなります。自分では難しいという場合は弁護士などに頼むと良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする