交通事故と慰謝料の関係

症状固定

交通事故と慰謝料は、被害者が受けるダメージを考慮すると、切っても切り離せない関係にあるといえます。
衝突や接触など様々な程度があって、歩行中や乗車中と状況も多様ですが、いずれにしても被害者になると無視できないダメージを受けます。
特に多いのはむち打ちのような身体症状で、交通事故直後は問題がなくても、時間の経過と共に痛みや違和感が生じることがあります。
通院費が発生しますし、日常生活に支障をきたすことにもなるので、当然ながら加害者に責任を問う必要が出てきます。
例え軽症であっても、症状の原因が交通事故で加害者の責任が認められれば、慰謝料の形で治療費の請求が可能です。
また、自覚症状がなくても医療機関で診断を受ければ、多少の減額はあるものの数十万円の慰謝料に期待できます。
通院で済む症状なら数十万円~100万円くらいで済みますが、これが長引いたり入院となると大変です。
後遺症が残るほどとなれば、責任は更に大きくなって支払う金額の桁もアップします。
加害者が実際にいくら支払うことになるかは、過失割合や責任の重さによって変わってきます。
無免許運転は論外ですが、理由があっての速度違反であれば、考慮の上で減額されることもあります。
飲酒運転も重大な問題ですが、服用した薬の影響で判断や運転ミスに繋がっているなら、これも考慮の対象となります。
勿論、被害者側に少なからず責任があると認められれば、その点が慰謝料の金額に反映されるでしょう。
ちなみに金額の決定には自賠責保険と任意保険、そして日弁連という3つの基準があります。
加入が強制される自賠責保険は、被害者の救済を重視していますが、広く浅くが原則なので慰謝料の金額としては低めです。
日額と治療日数を掛けるだけで金額が決定しますし、この2つの数字が分かれば簡単に算出できます。
一方、任意保険基準は保険の自由化で統一基準が廃止され、保険会社の独自基準が設けられています。
日弁連基準も入院と通院期間でおおよその金額を割り出せますから、交通事故被害に遭ったり、事故を起こしてしまった場合に役立ちます。
金額は治療費がベースとなりますが、被害者の受けた精神的苦痛や生活への影響も考慮して最終的な金額が決まります。
後遺症で結婚が破談に至ったり、お腹の赤ちゃんを流産してしまったなど、交通事故で発生し得る被害は実に多いです。
加害者の誠意が感じられないといった被害者側が受ける印象も、客観的に評価されることになるので注意が必要です。
物損部分に関しては対象外ですが、同乗していたペットが被害に遭えば、加害者は治療費やペットの価格分も負担することになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする