通院方法などはどうする?交通事故にあって病院で治療を受ける時の注意点!

交通事故にあってしまい、病院に通う時はいくつか注意したいことがあります。普段風邪をひいたり怪我をしたりして病院に通うのと、交通事故による怪我で病院に通うのとでは色々な違いがあります。では、交通事故にあい病院に通う時の注意点を詳しく見ていきましょう。

通院方法にも気をつかたほうがよい

交通事故による怪我の治療をする時は、通院するための交通費を加害者に請求できます。そのため、通院方法には注意しなければなりません。主な交通手段として、自家用車、バスや電車などの公共交通機関、タクシーなどがあります。まず自家用車で通院する時は、ガソリン代を請求できるので、給油した時の領収書などを保管しておきましょう。請求できるのは通院で使用したガソリン代だけなので、自宅から病院までの距離を計算しておく必要があります。だいたい1km15円程度の請求ができるので、距離と合わせてどの程度請求できるか計算しておくとよいでしょう。

バスや電車で通院する時も実費を請求できるので、かかった切符代などはチェックしておくことが大切です。タクシー代は、条件を満たさないと請求できません。基本的に怪我のせいで公共交通機関での通院ができない場合に限り、タクシー代の請求が認められます。バスや電車に乗ることができるのにタクシーで通院してしまうと、交通費を請求できなくなる場合があるので注意してください。

自分の判断で治療を進めない

交通事故による怪我の症状は様々ですが、どういう治療を行うのかは医師と相談しながら決めなければなりません。自分で判断してしまうと、後からトラブルになることもあるので注意しましょう。例えばそれほど痛みがなく、たいしたことはないだろうと整骨院などで済ませてしまう人もいますが、それはよくありません。それほど痛みがなくても後から症状が出てくる場合もあるので、必ず病院で検査を行い、どこかに異常はないかしっかり診てもらいましょう。

損害賠償は、怪我の程度によって請求できる損害賠償金が変わります。怪我の程度を判断するのは医師なので、どのくらい痛みがあるか、何か身体に異常を感じるなど、遠慮せずに医師に自分の状態を伝えておきましょう。最初に我慢して痛みを医師に伝えなかった場合、後から痛くなったと伝えても交通事故の影響だと認めてもらえず、損害賠償を請求できなくなることもあるので注意してください。

定期的に診察を受けて最後までしっかり通院する

怪我の程度によっては、定期的に何度も病院に通院する必要が出てきます。通っているうちに症状がだんだん回復してくると、もう大丈夫だろうという軽い気持ちで通院をやめてしまう人がいますが、医師に大丈夫と言われるまで必ず指示に従うようにしましょう。症状が良くなっても、完全に回復しているかどうかは分かりません。自分自身の判断で通院をやめてしまい、後々症状が酷くなってしまったというケースもあります。

特に注意したいのが後遺障害です。医師の指示に従わず通院をやめると、重い後遺障害が残ってしまう危険性があります。それだけでなく、長期間通院していない時期があると、交通事故と後遺障害の因果関係がつかめず、賠償請求できなくなる可能性もあるのです。医師から診察日を決められているのなら、しっかりそれに従って通院を続けるようにしてください。また、交通事故にあい損害賠償請求するために後遺障害等級認定を受ける場合がありますが、怪我の治療が症状固定するまで続けないと認定を受けられません。症状固定は、これ以上治療を続けても回復が見込めない状態のことを言います。症状固定されるまで通院を続けないと、慰謝料の減額、後遺障害認定が受けられないなどのトラブルになるので注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする