交通事故被害者の初期対応、被害者が知っておくべきこと

交通事故被害者

初期対応が重要!

交通事故の被害者になった人が、事故の加害者から被害の賠償を確実に受けるためには、事故が発生した直後の初期対応が非常に重要になります。事故が発生した直後にしなくてはいけないことをしなかった場合、相手から十分な補償を受けられない場合があり、最悪の場合には全く補償を受けられないような場合もあります。

そのために事前に交通事故の被害に遭った場合にどのような初期対応をすればよいかを知っておけば、万が一事故の被害者になった場合でも補償を受けるための正しい対応をすることができます。

相手の身元確認

交通事故に遭った場合にまずしなくてはいけないことは、事故を起こした相手の身元を確認することです。氏名や住所、電話番号などの連絡先は必ず聞いておく必要があります

相手が本当のことを言っているのかどうかを確認するために、氏名や住所は運転免許証を見せてもらってしっかりと確認することが大切です。

加害車両のナンバープレートを確認しておくことも必要になります。また賠償を受けるときに必ず必要になるのが、相手が加入している自動車保険に関する情報です。

車を運転する人は必ず自動車損害賠償責任保険に加入しなければいけないことが法律で定められているので、この自賠責保険の番号を相手に現場で確認することが必要になります。

車両の運転手が強制的に加入すべき保険のほかに、ドライバーによっては任意で個人的に保険に加入している場合もあるので、そうした保険があるかどうかも、相手にしっかりと確認することが大切です。任意の保険に関する情報も相手からしっかりと聞き出しておくことで、より確実に賠償を受けやすくなります。

警察への通報

交通事故が発生した場合に絶対にしなくてはいけないもう一つのことは、事故を警察に通報することです。事故を起こした車両の運転手は必ず警察に通報する義務があるのですが、中にはトラブルになることを恐れて警察に通報することを避けようとするような場合もあります。

こうしたケースでは加害者は十分な補償をすることを約束することで、警察に通報しないことを被害者に納得させようとする場合が多いですが、相手が何を言ってもあくまでも警察に通報することが大切です

現場での口約束の場合、数日経過した場合、約束していた補償が受けられないような場合もあり、連絡先として教えられた電話なども通じないというケースも考えられます。

そのために被害者の側に通報する義務はなくても、加害者が事故の通報をためらっている場合には、必ず自分で警察に通報をする必要があります。警察に現場に来てもらうことで、事故が実際に発生したということを公的に証明することができるようになり、補償を受けるのに必要な事故の証明書を発行してもらうこともできます。

警察を呼ぶ理由

交通事故の被害に遭った場合に、確実に正当な補償を受けるためにしなくてはいけないこととして、現場の正確な記録があります。警察を呼べば警察が事故の記録をするため、被害者自ら事故の記録をする必要がないと思われがちですが、できるだけ確実に事故の補償を受けるためには、警察だけでなく、自分でも事故の状況を記録しておくことが不可欠です。

この記録するものを、実況見分調書 と呼ばれております。

事故があったときの状況を詳しく文章に記録しておくことでその後の賠償請求の時に大きく役立たせることができます。事故現場の写真を撮影しておくことも、事故の記録を保存することには大きく役立ちます。

事故直後の加害車両の状況や、現場の道路、周辺の状況などを詳しく撮影しておくことで、後日の賠償請求を有利に進めることができます。事故に目撃者がいる場合には、目撃者の話を記録しておくことも、事故の正確な証明のために役立ちます

目撃者の言葉を録音しておけばより正確に事故の記録を残すことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする