交通事故の被害者が知っておくべき解決の流れ

解決

もし交通事故に遭ってしまった場合に、どのようにすれば良いのかといった解決の流れを知っているかどうかで対応が大きく変わってきます。

事故直後はどうしても気が動転してしまって分からないことが多々あるかもしれませんが、解決の流れまでを知っておくとスムーズに物事が進んでいきます。

交通事故の初期対応

簡潔に交通事故で被害に遭った場合の解決の流れですが、入通院治療から始まり、後遺障害等級認定請求、示談交渉、裁判、賠償金の支払いといった流れになりますが、基本的に弁護士等がサポートしてくれます。

事故に遭った時は混乱してしまい、何をすれば良いのか分からず、その場で示談をしてしまうケースがありますが、これは間違いになります。

その場で示談をしてしまうと後で請求できる可能性が高い賠償金が請求できなくなることがありますから、どんな怪我でどんな事故か分からない状況では適切な示談金は分かりませんし、後遺症が発生する可能性もありますので示談は後ほどしないといけません。

治療の受け方

その後は必ず病院を受診する必要がありまして、事故直後に受診しておかないと相手の保険会社から交通事故と無関係の怪我だと主張される可能性があるからです。

受診の結果で治療が必要であれば入通院治療をしなければなりませんが、整骨院や接骨院ではなく整形外科等で医師がいる病院でしっかりとした診断をしてもらい治療を受けてください。

しっかりとした診断がないと後遺障害等級認定請求をする際に認定が難しくなるケースがあります。

それからの流れですが、通院治療を継続していくなかで完治するか症状固定までは続けなければなりません。

入通院の期間が長ければ長いほど入通院慰謝料の金額は高額になりますが後遺傷害慰謝料等級認定を受けるためにも途中で放棄せずに継続しましょう。

もし通院途中で相手方の支払いが打ち切られた、支払ってくれないケースでしたら全額実費を避けるために健康保険を利用することになります。

後遺障害認定を請求

その後は後遺障害が残った場合に後遺障害等級認定を請求する流れになりまして、相手の任意保険会社から請求手続きをしてもらうか、被害者自陣で相手の自賠責保険に請求手続きをするといった加害者請求と被害者請求の二つの方法がありますが、自分で手続きを行なう被害者請求の方が安心できます。

この時に大事になるのが後遺障害の診断書になりますので、細かい部分までしっかりと書いてもらい必要書類も用意しておきましょう。

ここまで終わりましたら相手方との示談交渉が始まります。

示談交渉

相手方が任意保険に加入している場合は任意保険会社との示談交渉となりまして、話し合いで賠償金の種類や金額を決定することになります。

賠償金の種類の数はとても多くありまして、病院治療費、付添看護費、交通費、休業損害、入通院慰謝料、逸失利益、後遺傷害慰謝料といったものがありまして、それぞれ計算していきます。

それぞれには自賠責基準、任意保険基準、弁護士・裁判基準がありまして、一般的に弁護士・裁判基準が高額になりますので、この基準を元で話し合っていきます。

過失割合がとても重要になりまして、基本的なことは弁護士等に任せておけば良いでしょう。

弁護士に依頼するタイミング

弁護士に依頼するタイミングですが、交通事故の直後に依頼すれば良いですし、各タイミング毎でしっかりと話し合ってください。

もし示談交渉が上手くいかない場合は調停や示談あっせんになりまして、それでもまとまらない時に裁判になります。
損害賠償請求訴訟においては裁判官が事件内容から賠償金の金額を判断することになり、訴訟の最中でも話し合いで和解といった解決方法があります。

その後は決定した内容に従って賠償金が支払われますので入金を待つだけです。
示談の場合は示談書、その他の場合でも調停調書、仲裁決定書、和解調書、判決書に従って入金されますので、賠償金の支払いが終われば全てが終了となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする