交通事故で弁護士に依頼するメリット

交通事故の被害の重大さとは

交通事故の被害に遭った場合は、加害者が加入している任意保険の保険会社が被害者との交渉に動いてくれますが、それだけでは解決に向けてなかなか難しいものがあります。不当に慰謝料がやすかったり、被害者が納得できな金額であることが多いからです。

損害保険から治療費が全額出たとしても、その治療に要した時間(病院に通っていた時間)は二度と取り返せません。車の修理代が保険から全額支払われたとしても、その修理の間は慣れない代車で不自由をした可能性もあります。

被害者にとって、あまりにも理不尽がことがおおいのです。

被害者が弁護士に依頼するメリット

そんな保険がカバーできない部分を加害者が誠意をもって埋めなければならないのですが、加害者によっては保険会社に任せっきりにして被害者とまともに話し合おうとしない人がいます。被害者が精神的に、つらくなる2回目のタイミングです。

そんな場合は、被害者は加害者側の誠意を感じられず、示談書にサインをしないという選択があります。被害者が示談に応じず、妥当だとおもう慰謝料、誠意ある加害者の謝罪をうけるまで交渉をする権利は被害者には権利があります。

加害者の態度が悪く、連絡がとれない加害者がいることも珍しくありません。

そうならないためには、加害者側とトラブルに発展しそうなときに弁護士に頼ることもひとつの方法です。交通事故の法律に詳しい弁護士を入れることで、悪質な加害者や任意保険に対し毅然とした対応を取ることができます。

交通事故事故に強い弁護士を探すならこちら→交通事故弁護士相談Cafe

関連記事:交通事故の示談交渉はどう進める?弁護士に依頼するメリットを解説!

弁護士の役割とは?

被害者側の思いを代弁してもらったり、どのように振る舞ったらよいかアドバイスをもらうことも可能です。

示談金が相場通りなのか、任意保険会社との交渉も代行でやってくれます。

交通事故に強い弁護士に依頼することで、慰謝料が任意保険基準の安いものではなく、弁護士基準にあがることが一般的です。慰謝料を増額することが、弁護士に依頼することで加納です。

弁護士依頼すべきか?また、費用割れしないか?

ただ、弁護士に依頼すればよいことばかりか?というとそうではありません。当然、弁護士費用が発生しますので、慰謝料が増額した分より、弁護士費用がやすければ、依頼メリットがあります。費用割れするかどうかは、弁護士に無料相談して確認してみることをお勧めします。

また、最近では、「弁護士費用特約」という任意保険のオプションに入っていることがすくなくありません。この特約にはいっていれば、自分が加入している任意保険を利用して、無料で、弁護士に依頼することができますし、任意保険の保険料が翌年あがるという心配もありません。

いずれにせよ、被害者は、「加害者の理不尽な対応、保険会社の定額な慰謝料」という被害を、弁護士依頼することで最小化できますが、弁護士費用をよく計算したうえで判断すべきでしょう。

弁護士の探し方のコツは次の記事を参考ください→交通事故に強い弁護士に関する評判や口コミを見る時のポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする