交通事故で弁護士に依頼するメリット

交通事故を起こした場合は、任意保険の保険会社が被害者との交渉に動いてくれますが、それだけでは解決に向けてなかなか難しいものがあります。交通事故の案件終了のためには、被害者から示談書にサインしてもらわないといけません。損害保険から治療費が全額出たとしても、その治療に要した時間(病院に通っていた時間)は二度と取り返せません。車の修理代が保険から全額支払われたとしても、その修理の間は慣れない代車で不自由をした可能性もあります。そんな保険がカバーできない部分を加害者が誠意をもって埋めなければならないのですが、加害者によっては保険会社に任せっきりにして被害者とまともに話し合おうとしない人がいます。そんな場合は、被害者は加害者側の誠意を感じられず、示談書にサインをしてくれないという事態が発生します。悪質なケースだと、被害者が示談に応じず、その後も首が痛いなどいろいろ言って加害者から金銭を吸い取ろうというおそろしい被害者も存在します。相手が悪く、骨の髄までしゃぶられて夜逃げした加害者家族もそれほど珍しくありません。そうならないためには、被害者側とトラブルに発展しそうなときに弁護士に頼ることもひとつの方法です。被害者との間に法律に詳しい弁護士を入れることで、違法かつ悪質な金銭要求に対し毅然とした対応を取ることができます。また、加害者側の思いを代弁してもらったり、どのように振る舞ったらよいかアドバイスをもらうことも可能です。交通事故の被害者は、悪質な場合は保険による補償だけでなく、誠意を見せろという被害者がいて「誠意=金銭」と考えている人も少なくありません。保険による補償以外の余計な出費を防ぐためにも弁護士に依頼するメリットがあります。あまりに悪質な要求をしてくる被害者であれば、脅迫罪などに問うことができます。そのためにも、法律に詳しい必要がありますが、加害者側はそれこそ弁護士や検事のような法曹関係者でもない限り、法律には詳しくないのが現状です。そのため、恐怖から逃れるために、被害者の要求に乗ってしまうのです。そして、一度要求に乗ってしまうと「この人は脅せばお金を出してくれる」と思われてしまい、金銭の要求がエスカレートしていきます。交通事故で家庭が崩壊したケースもあるので、被害者が示談に応じてくれたということは、被害者側が「もう結構ですよ」と言ってくれる程の精一杯の誠意を示したか、運が良いことに被害者が欲の無い善良な人だったということになります。そんなラッキーな人ばかりではないので、万が一の場合に備え駆け込み寺となり得る弁護士事務所のアテをつけておいても杞憂ではないと思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする