交通事故の示談交渉はどう進める?弁護士に依頼するメリットを解説!

交通事故の被害者になった場合、示談交渉を弁護士に依頼するといろいろなメリットが期待できます。自動車保険で弁護士特約などを契約しているときは、弁護士に依頼して示談交渉を進めるのもひとつの方法です。

メリット1「交渉がスピーディーに進む」

保険会社を通じて示談交渉をするときには、加害者側との話し合いが難航してなかなか交渉が終わらないケースも少なくありません。被害者、加害者の言い分が食い違う場合は、過失割合の決定にも時間がかかることが多いです。交通事故の示談金の受け取りには時効があるため、いたずらに交渉が長引くことは被害者にとって大きなデメリットになりかねません。弁護士が交渉を代行すれば、被害者の生活状況なども踏まえたうえでより早く交渉をまとめてもらえる可能性があります。

メリット2「示談金で有利になる可能性が高い」

交通事故で被害者に支払われる慰謝料は、どのような基準で計算をするかで金額が変わります。慰謝料を計算するときの基準になるのが、自賠責保険基準と任意保険基準、弁護士基準の3種類です。これらの基準のうち、どれを採用するかで受け取れる慰謝料の金額が前後します。弁護士に交渉を依頼した場合、もっとも金額が高い弁護士基準で慰謝料の計算が行われるのが一般的です。したがって、保険会社を通じて交渉をするときと比べて、より多くの示談金が受け取れる見込みがあります。

交通事故では、保険会社が被害者側に不利な決定をしたり、治療費の支払いを途中で打ち切ったりするケースも見られます。弁護士が間に入っていれば、納得ができない事態に遭遇したときにも、すぐに対応が依頼できるでしょう。事故が原因で事業などに損害を被ったときには、損害賠償の分も含めて示談金の交渉をしてもらえる場合もあります。ケースに合わせて臨機応変に交渉を進めてもらえる点は、弁護士に依頼をする大きなメリットです。

メリット3「被害者請求がスムーズにできる」

通常、交通事故の示談金は示談交渉が終わってから被害者に支払われます。交渉が長引いた場合、示談金が受け取れるまで長く待たなければならないケースもあります。ただ、被害者請求を行った場合は示談交渉が終わる前でもお金を受け取ることが可能です。事故のケガが原因でしばらく仕事を休まなければならないときは、できるだけ早くお金を支払ってほしいと思う被害者が多いかもしれません。こういったときに被害者請求ができれば、より早くお金が受け取れます。弁護士に依頼をすることで、被害者請求の手続きもスムーズにできる可能性があります。

被害者請求は被害者が保険会社に直接お金を請求できる制度ですが、手続きが少し複雑です。医師の診断書や交通事故証明書、事故発生状況報告書などのさまざまな書類の提出が求められるため、自分だけで請求手続きをすると面倒な作業に煩わされることになりかねません。弁護士に依頼をすれば、書類の取得や作成などもサポートしてもらえます。

メリット4「後遺障害認定の手続きも依頼ができる」

交通事故では、心身に後遺障害が残る場合もあります。このような障害が残った場合、症状のレベルに応じて後遺障害認定が行われます。弁護士にサポートを依頼することで、後遺障害の認定でも正当な判断が得られる可能性が高くなります。後遺障害認定では、申請した等級が非該当になるケースも少なくありません。示談金や慰謝料などは、後遺障害の等級で大きく変わります。認定の結果は、被害者のその後の生活にも大きな影響を与えるケースがあります。

弁護士に依頼をすると、非該当になったときの異議申立の手続きがスムーズに進められることが多いです。治療を担当した医師との交渉まで弁護士がサポートしてくれれば、落ち着いて手続きが進められるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする