交通事故の症状固定とは

症状固定

交通事故の症状固定とは

交通事故の症状固定とはどういう事かというと、交通事故等で負ってしまった怪我で医学上これ以上治療をしても良くならない状態の事です。

しかし事故前の体に戻ったという事ではなく、まだ症状は残っているがこれ以上治療をしても改善が見込めないという状態を指します。

治療をしても効果はない為に、症状固定と判断されてしまうと加害者が賠償すべき損害ではなくなり、保険会社からも治療費の支払いが止められてしまう事になります。それでも症状は残っているので等級認定申請をして認められれば、後遺障害として賠償金をもらう事が出来ます。

症状固定日は誰が決める?

ではこの症状固定日は誰が決めるのかと言うと、医学的な概念ではないので医者ではありません。この判断は加害者がいつまで治療費を払わなければならないのかを意味する事でもあるので、基本的に裁判所が決める事になります。

それでも裁判所は医者の意見を重視するので、医者が判断した日が症状固定日になる事が多いです。しかし医者も症状固定と判断してしまうと治療費が入ってこなくなるので、日にちを判断する事に消極的になりがちです。

それでも医者に症状固定と言われてしまったら、たとえまだ治療をしたくても受けざるを得ません。それでも自分的にはどうしてもまだ治療を続けたい場合は、セカンドオピニオンとして他の医師に相談してみるというのも一つの方法です。

保険会社の治療打ち切り

一方保険会社としては可能な限り保険料を少なく済ませたいので、なるべく早く症状固定日を設定させようとします。保険会社から「そろそろ症状固定ですね」と言われたら、治療費の打ち切りを考えている可能性があるので、その場合はしっかりと自分の症状を説明する必要があります。

それでも中には医者に対して問い合わせをしてきて独自に判断して早く症状固定と判断するように打診してくる保険会社もあります。交通事故にあってしまった被害者はこの症状固定の判断を医者や保険会社に任せない事が大切です。

頚椎捻挫や腰椎捻挫の症状固定

具体的な症状のケースをいくつか挙げると、例えば交通事故で頚椎捻挫や腰椎捻挫などのむちうち症状になってしまった場合、治療を受けると少し回復するがしばらくするとまた悪くなってしまうという症状を繰り返すと一般的に3ヶ月~半年程で症状固定と判断されてしまいます

骨折の症状固定

骨折の場合だと、平均して大体2~3ヶ月程で判断される事が多いです。もちろん骨折の度合いや被害者の年齢によっても変わってくる事もあり、1~2年後というケースもあります。

弁護士に相談しよう

しかし保険会社の中には、まだ医者が症状固定と判断していないのに一方的に治療費の支払いを打ち切る会社もあります。その場合は弁護士に依頼すれば、弁護士が医者に被害者の現在の状態や治療方法、回復の見込みはあるかなど聞いて、それを基にして治療は進めてもらい、保険会社に打ち切った後の治療費の支払い交渉をしてくれます。

また症状固定と判断され治療費も原則打ち切りになってしまい保険会社からは支給されなくなったからといって病院に行ってはいけないという訳ではありません。治療がどうしても必要な場合は打ち切り後も病院で治療を受けて、後で弁護士に相談して保険会社に交渉をするという手段もあります。

後遺障害認定申請

症状固定と判断されてしまった後も、痛みや障害が残ってしまった場合どうすればよいかというと、病院での治療の他に弁護士に相談して後遺障害等の認定申請をすると良いです。

この申請時の注意すべきポイントはなるべく被害者本人が申請した方が良いという点です。自分で医師に症状固定と判断された時に「後遺障害診断書」を書いてもらう事で後で後遺障害認定をもらう時に重要な資料となります

この申請は相手方の保険会社も申請する事が出来、当然彼らは自分達に有利なようになるべく軽い後遺障害認定を狙ってきますのでなるべく自分で申請する事が重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする